人工呼吸器をつけて新幹線を利用する方法は?

query_builder 2022/09/22
コラム
24

人工呼吸器をつけた状態でも新幹線を利用できるのでしょうか。
安全かつ迅速に移動するために、新幹線を考える方もいらっしゃいますよね。
本記事では人工呼吸器をつけて新幹線を利用する方法を紹介します。

▼人工呼吸器をつけて新幹線を利用する方法
人工呼吸器をつけていても新幹線は利用できます。
呼吸器のバッテリーを充電するのなら、多目的室を利用すると良いでしょう。

多目的室とは新幹線に用意されている無料の個室です。
車掌に申し出るか、事前に予約すると利用できます。
予約は窓口で行う必要がありますので、なるべく早めに相談してみてください。

■多目的室のメリット
原則として多目的室は、身体の不自由な方が優先されるスペースです。
人工呼吸器をつけているのでしたら、多目的室を利用できる可能性は高いでしょう。
個室内には簡易的なベッドになるシートやコンセントなどの設備が整えられています。
人工呼吸器をつけた状態で長距離移動をするのなら、多目的室の利用を検討してみてください。

▼まとめ
人工呼吸器をつけて新幹線で移動するのなら、多目的室を利用するのがおすすめの方法です。
民間救急事業者に依頼すると必要な予約手続きを進めてくれますので、まずは相談してみましょう。
「民間救急東海」では、病気や怪我などによって移動が難しい方の外出・遠出をサポートしております。
新幹線や飛行機などの手配も可能ですので、人工呼吸器をつけた状態での移動ならぜひお問い合わせください。

NEW

  • 長距離転院で使える安全な搬送方法とは?

    query_builder 2022/11/22
  • 精神病患者の搬送方法について紹介

    query_builder 2022/11/15
  • 在宅で人工呼吸器を使う時の注意点とは?

    query_builder 2022/11/08
  • 人工呼吸器をつけての外出に必要な持ち物とは?

    query_builder 2022/11/01
  • 人工呼吸器をつけて旅行することは可能?

    query_builder 2022/10/22

CATEGORY

ARCHIVE