終末期の患者が転院する時の移動方法は?

query_builder 2022/08/08
コラム
18

終末期を迎えた家族の転院をお考えではありませんか。
緩和ケアのために、ホスピスに転院する方も多いものですよね。
しかし移動に不安を感じている方もいらっしゃるでしょう。
そこで終末期の患者が転院する時の移動方法について紹介します。

▼終末期の患者が転院する時の移動方法
終末期の患者が転院するなら、民間救急車を利用して移動する方法があります。
基本的に、緊急搬送の必要がないと消防救急車での転院はできません。

ドクターカーや救急車なども使えない可能性があるでしょう。
救急車が利用できないなら、自家用車やタクシーなどで移動しなくてはなりません。
そんな時は費用がかかるものの、民間救急車が便利です。

■民間救急車を利用するメリット
民間救急車には以下のメリットがあります。

・緊急性がなくても患者を搬送できる
・消防署の認定を受けた車両を使用している
・看護師や救急救命士が同乗する

民間救急車には看護師や救命救急士が同乗するため、必要な医療は受けられます。
定期的な処置が必要な患者でも、安心して利用できるでしょう。
サイレンや警告灯がなく緊急走行はできないものの、転院や遠出などに便利です。

▼まとめ
終末期を迎えた家族の転院なら、民間救急車を活用するのも方法の1つです。
どうやって転院するか悩んでいるのであれば、まずは相談してみましょう。
「民間救急東海」では、広いスペースを持つ民間救急車で患者の搬送を行っております。
1~2名なら家族の同行も可能ですので、転院の予定があるのならぜひご相談ください。

NEW

  • 人工呼吸器をつけて新幹線を利用する方法は?

    query_builder 2022/09/22
  • 新幹線は車いすでも利用できるの?

    query_builder 2022/09/15
  • 寝たきりの状態でも飛行機には乗れるの?

    query_builder 2022/09/08
  • 寝たきりで転院する時の移動方法を紹介

    query_builder 2022/09/01
  • 寝たきりの病人が長距離移動する方法とは?

    query_builder 2022/08/22

CATEGORY

ARCHIVE